社会保険労務士

独学のテキストの真実を暴露

社会保険労務士の通信教育はこう選ぶ

正直言えば、通信教育は実際に受講してみないとわからない部分があります。
何故なら、どんな通信教育にせよ相性があるので、個々によって感じ方が違うからです。
ただある程度、判断することは出来ます。

もちろんそれは口コミなどの主観的な意見ではなく、客観的に判断できる事です。
そして、それが理解できれば、あなたの感じ方は別としても、失敗しない通信教育を受講する事が出来ます。

それでは、社会保険労務士の通信教育の選ぶポイントを紹介していきます。

■通信教育専門校を選ぶ

これは資格学校が駄目だといっているわけではありません。 通信教育を受講するなら通信教育専門校が良いと言うことです。
やはり、通信で学習していくのは、教室で学習するのとカリキュラムや教材が違ってきます。
そのことはあまり語られていませんが、通信と通学の学習法が異なるのです。
しかし、資格学校の通信は、教室の学習をそのまま通信に応用しているだけなので、カリキュラムや教材が通信向きではないのです。
しかも、教室を抱えているため、受講料もかなり高くなります。

■DVD講義とCD講義を同時に受講できる通信教育を選ぶ

DVD講義で良いのは、見て・聴くという学習ができるので、イメージが掴みやすく、記憶にも残りやすくなります。
対して、CD講義は音声だけなので、DVD講義に比べ学習効果は落ちますが、その分待ち運びが出来るので、時間がない社会人でも隙間時間を上手く使って学習することが出来ます。
この2つを上手く利用すれば、効果的な学習出来るようになるのです。

■テキストがフルカラーの通信教育を選ぶ


テキストで重要なのはわかりやすさですが、そのための指標として図表化されているということがあります。
しかし、図表化されていると言っておきながら、実際にテキストをみると全然図表化されていないテキストは多々あります。
しかし、中身を全部見ることのできない通信教育のテキストでは判断しようがありません。
そこでポイントなるのが、フルカラーのテキストであることです。フルカラーのテキストは、白黒と違い、脳に刺激を与え、記憶効果が高くなります。
ですので、テキストの基本はフルカラーであることなのです。 間違っても白黒のテキストの通信教育を選ばないで下さい。


▲進化した通信講座のテキスト▲