社会保険労務士

独学のテキストの真実を暴露

社会保険労務士の難易度で見る学習法の選び方

ここまで社会保険労務士の試験は難しいとお話してきましたが、どのくらい難易度が高いのか紹介していきます。

まず、社会保険労務士の難易度が高い一つの理由は、試験科目数の多さにあります。
全部で8科目あり、全ての科目に合格基準が付いています。つまり、どの科目もしっかりと学習する必要があり、学習量が多くなるのです。

次に学習内容です。
皆さんご存知だと思いますが、社会保険労務士は年金や労働基準法の学習をしていきます。
これらの制度は大変複雑で、理解するのは大変です。特に年金は仕組みが複雑で、毎年法改正もあります。

最後に社会保険労務士の合格率ですが、ほぼ毎年一桁台で、7%~8%くらいです。
しかも社会保険労務士には受験資格があり、受験者のほとんどは大卒で、基礎学力が持った方が多くなります。
その中での一ケタ台ですので、合格するのがどのくらい難しいのかわかると思います。

そして、このように社会保険労務士の難易度を知ることで、あなたがどのような学習方法を選択するのかしっかりと考えてほしいと思います。

本当にテキストだけに独学で合格を目指すのか、多少お金がかかっても通信教育を受講するのかです。

それはあなたの生活環境やお財布事情に影響してくると思います。
例えば、学習時間に余裕があれば、独学ではじめても良いと思いますし、時間がなければ、通信教育でも良いでしょう!

また、経済状況が厳しければ、わざわざ高い受講料を支払って資格学校にいかなくても、通信教育専門校なら、安い受講料で十分に合格することが出来ます。

どちらを選ぶにせよ、独学なら時間や合格するのが難しくなるデメリット、通信教育ならお金というデメリットがありますので、あなた自身が決めて下さい。


▲進化した通信講座のテキスト▲