社会保険労務士

独学のテキストの真実を暴露

社会保険労務士独学のおすすめテキスト

ここでは社会保険労務士独学のおすすめテキストを紹介していきます。

■出る順社労士 必修基本書 <LEC>

体系的に内容が整理され、重要なポイントをしっかりと抑えています。
ただ、解説が不十分のところもあるので、まったく知識がない初学者では理解できないところも多々あると思います。
出る順社労士 必修基本書を使うなら、ある程度知識を付けてから学習する方が効果的です。

■うかる社労士総合テキスト<富田 朗>

文章が読みやすいですし、条文もしっかりとまとまっているので、初級者にわかりやすいと思います。
ただ、著者のキャラが全面に出されているので、相性が合わない人もいると思います。

■加藤光大の社労士合格レッスン基本書<加藤光大>

図解の使い方が上手で、的確にポイントを掴んでいると思います。
また、分量もそこそこで読みやすさもあります。
初級者でも経験者でもおすすめできるテキストです。

■うかるぞ社労士<秋保 雅男>

全体的なポイントを理解するなら非常に良いテキストですが、 各項目の内容が若干浅いかも知れません。
ただ、試験直前対策として使うなら非常におすすめできます。

以上がおすすめする社会保険労務士独学のテキストです。
ただ、一つだけ理解してほしいのは、テキストには相性があり、皆が皆良いと言うものはありません。

このサイトで良いと言っても、他の人ならだめと言うテキストもあります。
もちろんその逆も然りです。

ですので、最終的には書店へ行き、自分の手にとって一番良いと感じた物を購入して下さい。
それが最も自分にとって一番合うテキストの選び方です。
あくまでも他人の評価は主観的なものなので、参考程度にするべきです。

他人の評価に流されていては、いつになっても良いテキストは購入できませんし、社会保険労務士に合格する事も出来ません。

そのことは忘れないので下さい。

▲進化した通信講座のテキスト▲