社会保険労務士

独学のテキストの真実を暴露

社会保険労務士の独学テキストの選び方!

社会保険労務士の独学テキストの選び方でまず重要なのは、はじめから合格を狙うようなテキストを選ばないことです。
何故なら、はじめからボリュームの多いテキストを購入してしまうと挫折する可能性が高くなるからです。

社会保険労務士の学習でまず重要なのは、挫折しない工夫をする事です。
挫折しないで続けていけば、少しずつレベルが上がり、いずれ合格できる学力が付くようになります。

ですので、まずは簡単な社会保険労務士の独学テキストを購入して下さい。
それではそのポイントを紹介していきます。

■図表化されたテキスト

テキストで一番重要なのはわかりやすさですが、それを最も判断しやすいのは図表化されたテキストということです。
どうしても文章中心のテキストだと理解するのが大変になり、時間もかかるので挫折してしまいます。

■2色刷りのテキスト

白黒のテキストより、2色刷りのテキストの方が読みやすくなります。
また、2色刷りのテキストは費用がかさむため、売れそうなテキストしか2色刷りにしません。

■適度な分量のテキスト

ここはページの構成によって変わるので一概にページ数は言えませんが、多すぎても駄目ですし、少なすぎても駄目です。
自分でも学習できそうな適度な分量のテキストを購入して下さい。
間違っても欲張って分量の多すぎるテキストを購入しないで下さい。

■大手予備校が発行しているテキスト

大手予備校が発行しているテキストの内容がスバ抜けて良いとは思いませんが、安定しているので、失敗はありません。
また、市販されているテキストは、それほど濃い内容が書かれているわけではないので、安定しているテキストが一番です。


▲進化した通信講座のテキスト▲