社会保険労務士

独学のテキストの真実を暴露

社会保険労務士はテキストだけは合格が難しい理由!

そもそもテキストの内容とか、市販のテキストとか関係なく、テキストだけ社会保険労務士の知識を理解するのは、非常に厳しいものがあります。

何故なら、多くの方は、講義や授業で解説してもらいながら学習してきたので、テキストだけ学習した経験がほとんどないからです。

また、文章だけで全てを伝えるのは難しく、そして何より文章を理解するためには読解力が必要です。しかもそれは、すぐに身に付くものではなく、学生時代から培った学習量が影響していきます。

そして、そうしたことは皆さんも考えればすぐにわかるはずです。

このサイトを見てくれる全ての方は、学生時代から学校の授業を聞きながら学習していたいと思います。
また、高校受験や大学受験の時には、学校だけでは飽き足らず、塾や家庭教師を利用している方も少なくありません。

にもかかわらず、資格の学習となれば、テキストだけで学習してしまうのです。
それで社会保険労務士に合格できるでしょうか?

社会保険労務士は、一概に言えませんが、国立大学並みの難易度があります。
しかも社会保険労務士を受験しようとしている方は、社会人が多く、学生時代のように学習時間があまり取れません。

そのような試験にテキストだけの独学で学習しようとしていることを是非理解してほしいと思います。

社会保険労務士を独学で学習しようとしている方は、社会保険労務士の本当の難易度を理解していないか、インターネットの信憑性のない情報に惑わされている傾向にあります。

特にインターネットの影響が強く、独学でも合格できたいという評判があれば、私でもできるのと思ってしまいます。

そして、実際に学習してみれば、想像以上に難しく挫折してしまうのです。

ですから、何度も言っていますが、社会保険労務士に独学で合格したければ強い覚悟が必要です。


▲進化した通信講座のテキスト▲