社会保険労務士

独学のテキストの真実を暴露

社会保険労務士の市販テキストの真実

当たり前ではありますが、社会保険労務士を独学で購入しようとする場合、書店やインターネットで販売されているテキストを購入することになります。

しかし、市販されているテキストというのは、あくまでも学校に通学してもらうためや何かしらの宣伝を目的とした広告です。
つまり、あなたを社会保険労務士に合格するためではないのです。

驚いた方もいると思いますが、それは考えればわかることだと思います。

市販されているテキストを作っているのは、資格学校やそこで働く講師です。
そして、学校は、あくまでも通学してもらって学校経営を成り立たせているので、市販のテキストで合格されれば困るわけです。

そうした状況なので、テキストに書ける事は限られてきます。

もちろん、だからと言って適当にテキストを作っているわけではありません。
(まれにそうしたテキストがある)

むしろ読者にわかりやすいように、丁寧に解説されていますし、ポイントもしっかりと書かれているテキストも沢山あります。

しかし、市販テキストはあくまでも広告媒体としての役割なので、書かれている事は本当の基礎しか書かれていません。
そうした事情もあり、初級者はわかりやすいと感じる事が多いと思います。

ですが、実際に問題を解いてみるとわからない事が多く、情報量が足りないなのです。

ですから、市販されているテキストで必要な知識を身に付ける場合、様々な教材を購入し、足りない部分を補完しあわなければいけません。

つまり何がいいたいのかというと、市販されている社会保険労務士のテキストに過度の期待を持たないで下さいということなのです。

たかだか2~3千円くらいの教材で書かれている事には限界があります。
その前提を理解して社会保険労務士の学習をしなければまず試験に合格することは出来ません。


▲進化した通信講座のテキスト▲