社会保険労務士

独学のテキストの真実を暴露

限られた時間と予算を考慮するなら、「通信」がオススメ

 前ページでは、合格率一桁の難易度を誇る社会保険労務士試験だからこそ、専門の通学講座や通信講座でしっかり対策を積まなければ合格できないことをご紹介しました。
しかしながら、いざ資格対策のために受講を決めても、「通信と通学、どちらにしようかな」と頭を悩ませる受験生も少なくないのではないでしょうか?また、ただ何となくの思い込みから、「やっぱり通った方が良さそう」と思い込んでいるケースもあると思います。
通学講座と通信講座を比較した時、一体どちらの方が有効であると言えるのでしょうか?

 社会保険労務士試験対策のために、通学講座と通信講座のどちらを選ぶかについては、断然「通信講座」がオススメであると言えましょう。
教材やカリキュラム自体は、資格対策の専門校が提供するものですから、通学であれ通信であれいずれも受験対策には有効であることに変わりありません。
ですが、社会保険労務士試験対策上、最も重要視すべき「復習」に注目すれば、必然的に「通信講座の方が学習に適している」という結論に至るのではないかと思います。

 通常、通学講座の場合には、それぞれの単元について講義はたった一度きり。受講生は自宅で復習することによって理解を深め、不十分な箇所を補っていくことになるのですが、それでも講義中に理解できなかった部分に関しては復習するにしても限度があるでしょう。
そもそも分かっていないのですから、自分で理解を深めることなど出来るはずもないのです。ですが、予備校では、個々の受講生の理解の程度に関係なく、受講スケジュールに沿って講義は淡々と提供されていきます。
結果、少しずつ理解不十分な箇所が積み重なり、合格に必要な知識レベルにまで達することは難しくなるのです。つまり、どんなに素晴らしい講義を受けても、知識を習得できていなければ何の意味もない、ということ。
これでは、何のために受講料を払って通学講座を受講しているのか、分からないですね。

 一方、通信講座であれば、講義がCDやDVDで提供されるため、何度でも受講が可能です。理解が出来なければ、納得いくまで繰り返して視聴することが出来ますし、講義内容をふと思い出したくなった時にもすぐに必要な箇所について受講することが出来ます。
もちろん、受講しっぱなしで良いというわけではなく、自分自身で復習する必要はあるのですが、復習段階においても講義がいつでも視聴できる環境があるというのは心強いもの。
学習途中で生じる「?」を逐一取り除きながら、無理なく合格を目指すことが出来るのが、通信講座の良さであると言えます。

 というわけで、社会保険労務士試験合格のために「通信か通学か」と問われれば、私は迷わず「通信がオススメ」であるとお答えしています。合格のために欠かすことの出来ない「復習」が、通信講座の方がよりスムーズに進むことは間違いありません。
皆さんには、どのように感じられたでしょうか?


▲進化した通信講座のテキスト▲