社会保険労務士

独学のテキストの真実を暴露

通信や通学を前向きに検討

通信教育について少し話をしましたが、
ここではさらに詳しくお話したいと思います。

もうすでにお話したように社会保険労務士を難易度の高い試験です。

知識のない社会人が仕事をしながら独学で学習しても、
1回や2回で合格するのが困難な試験です。

そうした試験に市販のテキストを購入して
学習を続ける事はできるでしょうか。
大抵の方は挫折してしまいます。

通信や通学を受講すれば、一つ一つの知識を丁寧に教えてくれ、
理解が早まりますし、出題ポイントも教えてくれるので、
学習時間も少なくて済みます。

特に通信教育は無駄な学習を省くために、
出題ポイントをピンポイントで学習できます。

このサイトをご覧頂いている方は社会人や忙しい方だと思います。
忙しい中で社会保険労務士に合格するためには、
少ない時間でも効率的に学習できる方法を選択しなければいけません。

そのために必要なのが通信教育なのです。

市販のテキストを購入して独学で
学習するというのはあくまでも手段の一つで、
目的は試験に合格することです。
そして、試験に合格のために、現状の自分の知識量、学習時間、根気力などを
自分の生活や力を考慮して、合格するための最適な方法を選んで下さい。
独学にこだわる必要はまったくありません。

重要なのは最短で合格するために勉強法を選択することです。

少なくても、お金を使いたくないから、
通信は受講しないというような考えを持たないで下さい。
そうした投資するという考えがない方は、試験に合格出来ませんし、
例え出来たとしても、社会保険労務士として上手く行く事はできないでしょう


▲進化した通信講座のテキスト▲