社会保険労務士

独学のテキストの真実を暴露

これだけは外せない社会保険労務士の学習法とは?

細かな学習法を全て伝えきれないので、絶対に外せない社会保険労務士の学習法を紹介していきます。
その学習法は、大変地味ですが最も効果のある学習法になります。

その学習法とは「復習」です。
多分、本当の天才でない限り、復習の回数が少なければ、間違いなく社会保険労務士に合格出来ません。
逆に言えば、復習の回数を増やせば増やすほど、合格への可能性が高まってくるのです。

ただ、復習というのは面白くない学習で、続けるのが苦痛です。続けていけば挫折する可能性もあります。
ですので、復習には工夫が必要となります。
そこで、おすすめしたいのは、アウトプット復習法、つまり、問題を解きながら復習をするのです。

問題を解くということは、覚えた知識の使い方を考えて学習するので、より記憶に残りやすくなります。
また、間違えればより脳に記憶が残り、再度覚えなおすことで、長期記憶に変わっていきます。

対して、テキストを読んだり、講義を聞いたりするだけの単純な学習なら、覚えるのに時間がかかり、非効率な復習になります。それに学習に飽きてしまいます。

ですから、復習はアウトプットするのが最も効果的なのです。
そして、このアウトプットでもう一つ重要なのは、インプットのバランスです。

社会保険労務士に合格できない多くの方は、知識を覚えるインプットばかりに時間を使い、アウトプットの数が足りません。
そのため、結局のところ知識を覚えきれず、もしくは使いきれず、試験に合格出来ないのです。

学習で本当に重要なのは、インプットでなく、アウトプットです。 そのことを理解できなければ、試験への対応力が付きません。

これは学習だけではなく、ほとんどの事に言えるのですが、大切なのは考えることではなく、行動することなのです。
学習ではそれはアウトプットということです。


▲進化した通信講座のテキスト▲